読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきものがたり

我が家の住人たちや趣味などを書いています。

秋を感じる虫の声

朝晩もだいぶ涼しく(寒く?)なって、虫の音も夏バージョンから秋バージョンに変わった。

ちょいと録音してみた。


秋の風物詩 虫の音 - YouTube

 

なんだか心地よくて落ち着く。

 

この虫の音を心地いいと感じるのはどうやら日本人だけらしい。

外国人は虫の音を音楽脳(右脳)で処理する。機械音や雑音も音楽脳なのでそれらと同等ということになる。

それに対し、日本人は言語脳(左脳)で処理をする。要するに日本人は虫の「」として聞いているということ。

 

なんでこんな差が出るのかというと、日本語は擬声語・擬音語が高度に発達しているからだってさ。

小さい頃から犬は「ワンワン」、猫は「ニャーニャー」、雷は「ゴロゴロ」、風は「ビュービュー」とまるで自然物は声をもつかのように教えられるから、言語脳で処理するようになるらしい。

 

なるほどね~。なんか日本人でよかったなって思えるね!