読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきものがたり

我が家の住人たちや趣味などを書いています。

50年も掛かってしまったね【後編】

エンタメ-創作 エンタメ

【前編】へ

 

時間というのは残酷なのか慈愛なのか、

ドラゴを失った悲しみは徐々に癒えていった。

だが、決して自責の念だけは消えることはなかった。

 

ボクは結婚して3人の子どもに恵まれた。

長男が小学4年生のころ、あるおねだりをしてきた。

 

犬を飼いたい。

 

ボクはビクッとした。

ボクには犬を飼う資格がない。当然だ。

でもボクというヤツは本当に身勝手な人間だ。

もう一度チャンスが欲しいと思った。

 

ドラゴ、許してくれるかい?

 

ボクの問いかけは空へ吸い込まれていった。 

 

 

 

ボクは息子と一緒にペットショップへ来ていた。

今日は見るだけだと約束し、かわいい子犬を見てまわった。

 

どうやら息子は気になる子を見つけたようだった。

 

お?血統書付きなのか。ちょっと見せてもらおう。

 

え!?父がドラゴ!?

もちろんあのドラゴではない。そんなことは分かっている。

でもボクは店員さんに言っていた。

 

この子を家族にしたいです。

 

 

新しく家族に加わった子の名前は「ボル」に決まった。

子どもたちは本当によくボルの面倒を見てくれた。

愛情をいっぱい受けてボルはすくすくと育った。

 

ボクもドラゴにしてやれなかった分以上に愛情を注いだ。

そうすることで許されたかったのかも知れない。

だが、自責の念が消えることはなかった。

ドラゴはドラゴ、ボルはボルなのだ。当たり前のことだった。

 

ボルを加えた幸せな時間はあっという間に過ぎ、

ボクは60歳、ボルは17歳になっていた。

もう2人ともおじいさんだ。

 

いつものように2人で散歩に繰り出す。

ボルは足が弱ってきており、ヨロヨロしながらついてきていた。

ボクはちょいちょい振り返りボルを確認しながら歩いていた。

もう新鮮味なんてこれっぽっちもない。でもとっても幸せだ。

 

「幸せだなぁボル」と声をかけようと振り向いたとき、

ボルは足がもつれて車道の方へよろけてしまっていた。

 

あぶない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは仰向けで倒れていた。車道で。

 

なんだか右頬が生暖かい感触がする。

ボルが心配そうにペロペロ舐めていた。

 

あぁ、ボル、、、無事だったんだね、、、よかった、、、、

 

そのまま目の前が真っ暗になった。

が、ボルの遠吠えは最後まではっきり聞こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ボクはお空にいる。そして隣には愛犬。

「50年も掛かってしまったね。また一緒に暮らしてくれるかい?」

「ワン!」

 

ドラゴは満面の笑みを浮かべながら尻尾を振ってくれた。

 

 

ー 完 ー