読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきものがたり

我が家の住人たちや趣味などを書いています。

どうしてこうなったのか自分でもわからない

ゴールデンレトリバーの「ちぃた」♀です。

 

ちぃたと夜のおさんぽ

 

ふと、川の方に目をやると懐かしい姿が。

秋になるとやってくる渡り鳥である。

いや、たぶん渡り鳥である。

当然ながら鳥の種類は知らない

 

連日の暑さで秋をなかなか感じられないでいたが、

やっぱり秋なのだ~。

(ちぃた口調になったが気にしない)

 

そうだ!たぶん渡り鳥もブログで紹介しよう!

と思い、iPhoneを取り出してシャッターを切った。

パシャリ!

その時、たぶん渡り鳥の目から妖しい光が解き放たれた。

 

あ、光った。

私はなぜか、たぶん渡り鳥の光る目をじっと見続けた。

どれくらい見続けただろうか。

目の前がだんだん真っ白になり、周りの景色も歪みはじめた。

そのまま気を失いそうになったとき、

景色は再びハッキリとした形を取り戻し、私の意識を呼び戻した。

 

なんだったんだろう。。。?

 

焦点を遠くに合わせると、さっきまで居たたぶん渡り鳥はもういなかった。

何やら胸騒ぎがし、ちぃたの方に目を向けた。

しかし、そこに黄金の獣の姿は無かった。

 

ちぃーたーっ!

愛犬の名を呼びながら辺りを見回すが全く気配は感じない。

 

私は握っていたピンクのリードを見つめた。

さっきよりほんのり薄いピンクになっている気がした。

 

 

おーい!

突然、美しい声が私の右耳を刺激した。

私はすかさず声がした方を見た。

そこには、五分刈りでヒョロっとした色白の女性が立っていた。

 

ナターシャ!?

私は驚きを隠せない顔をしながら口を開いていた。

ナターシャの隣には、背が低く、眼鏡をかけた男がいた。

ジョルビだ。

 

ジョルビまで?どうしてここに!?

ナターシャとジョルビは、先の大戦での戦友だ。

そう、あの忌まわしき大戦。第5次忌まわしき大戦だ。

 

あれから時は経ち、今では懐かしさを感じる。

だが、懐かしさを最大限に感じるにはピースがまだ足りない。

二人がいるということは、ゲンジロウもいるはずだが?

 

ゲンジロウはどうした?

私は二人に当然の問いかけをした。

 

ゲンジロウは、、、もう、、、

ナターシャが声を発した。唇をほぼ動かすことなく。

 

私の頬に、とめどなく涙が流れた。

まるで、涙がとめどなく頬を流れるかのように。。。

 

-完-